小学1年女の子の矯正(反対咬合)緑区北八朔町在住

■主訴
受け口はイヤ。   
                                   
■治療過程
アゴが狭いため、上顎では側切歯のスペースがありません。下顎では中切歯が外に押しされ、反対咬合になっています。このままだと下アゴがどんどん成長してプロフィールに影響してしまいますので、できるだけ早期に改善します。

症例症例症例
症例症例

上顎はスペースをつくるため、下顎は前歯を後ろに下げるため第1大臼歯を後方移動し、歯にブラケットをつけて並べました。アーチが拡がり、歯並びと噛み合わせがよくなりました。
矯正期間は1年8か月でした。

症例症例症例
症例症例

矯正前は前歯がデコボコしてさらに下アゴが前に出ていましたが、反対咬合が治りきれいになりました。

症例症例

■患者さまの感想
1期2期に分けて治療。もし矯正しなかったらどんな風になっていたか。早くから始めて本当によかった。(本人談)

 

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。