小学2年男の子の矯正(反対咬合)青葉区あざみ野在住

■主訴
学校の検診で反対咬合と指摘された。

■治療過程
上下の前歯の噛み合わせが反対の場合は下アゴの発育が過大になりやすく、反対咬合が増悪しやすいので、できるだけ早期に治してあげましょう。

症例症例
症例症例

下顎を拡大して前歯のスペースをつくります。拡大すると同時に、プレートのワイヤーで前歯が内に入りました。

症例次へ症例

上顎も拡大プレートでスペースをつくります。拡大後、ブラケットをつけます。

症例次へ症例

反対咬合が治り、アゴの形もよくなり、きれいな噛み合わせになりました。
治療期間は1年6か月でした。1期治療終了後は経過観察をしていきます。

症例症例
症例症例

■患者さまの感想
口元が変わると顔も変わるんですね。早く治してよかったです!(母談)

 

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。